トップニュース企業
ニュース検索
キーワード
詳細検索
カテゴリー 経済 政策 産業 企業 社会 政治
ヒンディー インド紙論調 コラム トピックス
月日で期間を指定  〜 
※当サイトでの公開日となります
年度で期間を指定
※当サイトでの公開日となります
企業
[15/06/09-17:14]
【プレスリリース】SBIホールディングス、インドのマイクロファイナンス企業に出資
 SBIホールディングスは、子会社でファンドの運用・管理を行うSBIベン・キャピタル(本社シンガポール)が、インドのマイクロファイナンス企業サティン(Satin)クレジットケア・ネットワークへ出資したと発表した。SBIベン・キャピタルが運営するSBI FMO金融セクターファンド(注)を通じて行われた。今回の出資により、サティンへの出資持分比率は約10%となる。同社のプレスリリースが、6月8日付で報じた。
 
 サティンは1990年に創業したインドのマイクロファイナンス事業会社で、インド北部を中心に、農村や都市部の貧困層の個人や零細事業者への小口融資を展開している。2015年3月末時点で、インドの11の州で合計267の支店を展開し、2015年3月期の融資実行件数は100万件を突破するなど、急速に営業基盤を拡大している。
 
 また、インドの業界団体マイクロファイナンス機関ネットワーク(MFIN)が公表する、公正な事業活動の評価指標である「責任あるビジネス・インデックス(RBI)」(2013−2014)調査においてサティンは業界平均を上回る高いスコアを獲得している。
 
 なお、SBI FMO金融セクターファンドは、サティンの設立者が、2012年に創業したインドの銀行代理事業者タラシナ(Taraashna)にも2015年3月に出資している。銀行の支店が無く、金融サービスへのアクセスが遮断された農村地域などにおいて、預金や資金の貸付などの銀行取引を代行、媒介する事業を展開しており、サティンと同様に営業ネットワークを急速に拡大している。
 
(注)SBI FMO金融セクターファンドは、オランダ政府が過半数を出資するオランダ開発金融公庫と共同で設立した新興アジア諸国の有望な金融機関を投資対象とするファンド

同社プレスリリース:

企業ニュース月別アーカイブ

トピックス

【経済事情11月】不良債権処理はようやく加速するか[西濵徹]
足下の世界経済を巡っては、欧米を中心とする先進国の堅調な景気拡大が続いている上…

【すぐわかる インド月間アップデート】第6回 伸び悩むディワリ商戦
インドの今を読み解く注目のトピックを編集部が深堀り解説します。

【経済事情10月】準備銀、金利据え置きの一方で緩和期待に一定の配慮[西濵徹]
昨年来の世界経済を巡っては、先進国を中心に自律回復の動きが続いている上、中国経済の持ち直しは中国経済との連動性…


【すぐわかる インド月間アップデート】第4回 中印両国軍のにらみ合い、2カ月ぶりに「解決」
インドの今を読み解く注目のトピックを編集部が深堀り解説します。

【経済事情8月】準備銀、久々に利下げを実施するも慎重姿勢崩さず[西濵徹]
足下の世界経済を巡っては、先進国を中心とする自律回復の動きが続いており…

コラム

【ひろい読み】17年度予算が購買意欲を高めてくれることを願う
セッションズ米上院議員、M&Mのシャー自動車部門プレジデント、ラワト陸軍参謀長、ナイドゥ都市開発相、グーグルのピチャイCEO、仏PSAグループのタバレス会長
[マートゥルSIAM事務局長]

【ひろい読み】ブラックマネーが経済を救う
政界、経済界の要人の発言でインドが抱える問題を探る!
[ヤダブUP州首相]

【ひろい読み】GST税率4段階は不便この上ない
政界、経済界の要人の発言でインドが抱える問題を探る!
[チダンバラム前財務相]

【ひろい読み】不良債権対策は一夜にして成らず
政界、経済界の要人の発言でインドが抱える問題を探る!
[パテルRBI総裁]

【主要州政治動向】AIADMKはGST法案になぜ反対したのか
長らく懸案となっていた物品・サービス税(GST)導入のための憲法改正案(以下、「GST法案」と略)が、7〜8月に開かれた国会のモンスーン会期でようやく可決された…
[タミル・ナドゥ州]

お知らせ