トップニュース社会
ニュース検索
キーワード
詳細検索
カテゴリー 経済 政策 産業 企業 社会 政治
ヒンディー インド紙論調 コラム トピックス
月日で期間を指定  〜 
※当サイトでの公開日となります
年度で期間を指定
※当サイトでの公開日となります
社会
[14/06/05-12:37]
[話題]エア インディアの787型機、全トイレが詰まってデリーに引き返す
 5月31日にフランフクルトへ向けてデリーを飛び立った国営エア インディアのAI121便が、離陸してから3時間後、デリーに引き返してきた。理由は、機内のトイレ4カ所にすべてが詰まったため。機材はボーイング787型機で、8時間超のフライトでは214人の乗客に2回の食事と軽食1回を供する予定で、トイレなしでの飛行の続行は不可能だと判断された。タイムズ・オブ・インディア紙が6月2日付で報じている。
 
 トイレは機内前方のビジネスクラスエリアに2カ所、後方のエコノミークラスエリアに2カ所あるが、AI121便ではすべてが詰まってしまった。エア インディアの担当者は次のように説明している。「水洗が効かなくなってしまったため、機体はデリーに引き返した」 「デリーに戻った乗客は別の便に乗り換えられなかった。代替便でデリーを経っても、フランクフルト空港への到着が夜間閉鎖時間帯に当たってしまうためだ」。
 
 トイレの故障は、エア インディアの機材メンテナンスの品質に疑問をもたらしているが、その一方で、航空会社筋の間では、何でもトイレに流そうとするインド人乗客についての「恐怖の物語」がいくつも語られている。そのひとつを、ある関係者は次のように紹介する。
 
「数カ月前、ニューヨーク発デリー行きのボーイング777型機でトイレがすべて使用不能になり、機長から行き先を途中のロンドンに変えたいと連絡が入ったが、ヒースロー空港は夜間で閉鎖中だった。その後、なぜかトイレのひとつが使えるようになったため、フライトはデリーまで続行されたものの、乗員や乗客はトイレの使用を控えることを余儀なくされた」
 
 別の関係者によれば、本当の恐怖は、トイレが故障した便がデリーに着いて整備されるときに起きる。「トイレの配管や下水タンクから、機内で旅客の使える物品のほとんどすべてが発見される」 「機内用毛布や枕、スリッパ、ソックス、タオルなどが、トイレで流されているのだ」。
 
 エア インディア関係者は、「トイレのメンテナンスに際しては、インド人乗客特有のふるまいを把握・理解する必要がある。そうしないと、(フライト中止などによる)損失は、経済的にも風評の面でも大きなものになる」と指摘。たとえば、インド人は座席の上で脚を組むことが多く、その結果、フライト終了後、シートの隙間に靴下が挟まって残されていることが多いため、機内のメンテナンスに際しては特別に注意を払う体制になっている。同様の取り組みがトイレについても必要だという。

社会ニュース月別アーカイブ

トピックス

【PTI通信】注目見出し一覧(9/23〜9/29)
有力メディアPTI通信が配信した主な記事から、その見出しを紹介します。

【経済事情9月】「見た目」の景気減速がもたらすリスク [西濵徹]
足下の世界経済をめぐっては、米国経済が堅調な拡大を続ける動きがみられる一方、近年において文字通り世界経済のけん引役となってきた中国経済が勢いを失う中…

【Fames in India】第6回 インド歴代中銀総裁
インド人なら誰もが知っている有名人(Fames)から明日のスターまで、インド・ウォッチャー編集部イチオシの人物を紹介します。

【Fames in India】第5回 インドの女性経営者
インド人なら誰もが知っている有名人(Fames)から明日のスターまで、インド・ウォッチャー編集部イチオシの人物を紹介します。

【州議選】5州・連邦直轄地議会選挙―会議派の退潮傾向、鮮明に
4月から5月にかけて実施された州議会選挙(アッサム、ケララ、西ベンガル、タミル・ナドゥ、プドゥチェリ連邦直轄地)を州ごとに徹底分析します。

コラム

【主要州政治動向】AIADMKはGST法案になぜ反対したのか
長らく懸案となっていた物品・サービス税(GST)導入のための憲法改正案(以下、「GST法案」と略)が、7〜8月に開かれた国会のモンスーン会期でようやく可決された…
[タミル・ナドゥ州]

【ひろい読み】安定した規制の枠組みや予見性の高い政策が重要
政界、経済界の要人の発言でインドが抱える問題を探る!
[GMインディア会長]

【主要州政治動向】アンドラ・バワンはどちらのもの?―テランガナ州とAP州の資産分割問題
2014年6月にアンドラ・プラデシュ(AP)州からテランガナ州が独立して29番目の州となってから2年以上が経過したが、独立したテランガナ州と残された新AP州との間の資産分割の問題はまだ決着していない…
[アンドラ・プラデシュ州]

出口の見えないカシミール騒乱 [堀本武功] 
オリンピック報道に隠れて日本では報道されなかったが、7月初めに始まったインド北部・カシミールの騒乱が8月下旬になっても収まる気配を見せていない。カシミール問題は、今や最大の国内問題となっている…
[注目ニュース]

コルカタ、街角の一枚「屋上の人影は誰…?コルカタの怪談スポット『人形の家』(後編)」 [奥埜梨恵] 
列車の線路を跨ぎ、ガンガー沿いに歩いていると忽然と石像が姿を現した。「あ、あれだ」思わず声を上げた。男性に促され、近づいて見てみたが、屋敷の周りにはゴミが山のように積み上げられ…
[コラム]

お知らせ