トップニュース社会
ニュース検索
キーワード
詳細検索
カテゴリー 経済 政策 産業 企業 社会 政治
ヒンディー インド紙論調 コラム トピックス
月日で期間を指定  〜 
※当サイトでの公開日となります
年度で期間を指定
※当サイトでの公開日となります
社会
[14/06/05-12:37]
[話題]エア インディアの787型機、全トイレが詰まってデリーに引き返す
 5月31日にフランフクルトへ向けてデリーを飛び立った国営エア インディアのAI121便が、離陸してから3時間後、デリーに引き返してきた。理由は、機内のトイレ4カ所にすべてが詰まったため。機材はボーイング787型機で、8時間超のフライトでは214人の乗客に2回の食事と軽食1回を供する予定で、トイレなしでの飛行の続行は不可能だと判断された。タイムズ・オブ・インディア紙が6月2日付で報じている。
 
 トイレは機内前方のビジネスクラスエリアに2カ所、後方のエコノミークラスエリアに2カ所あるが、AI121便ではすべてが詰まってしまった。エア インディアの担当者は次のように説明している。「水洗が効かなくなってしまったため、機体はデリーに引き返した」 「デリーに戻った乗客は別の便に乗り換えられなかった。代替便でデリーを経っても、フランクフルト空港への到着が夜間閉鎖時間帯に当たってしまうためだ」。
 
 トイレの故障は、エア インディアの機材メンテナンスの品質に疑問をもたらしているが、その一方で、航空会社筋の間では、何でもトイレに流そうとするインド人乗客についての「恐怖の物語」がいくつも語られている。そのひとつを、ある関係者は次のように紹介する。
 
「数カ月前、ニューヨーク発デリー行きのボーイング777型機でトイレがすべて使用不能になり、機長から行き先を途中のロンドンに変えたいと連絡が入ったが、ヒースロー空港は夜間で閉鎖中だった。その後、なぜかトイレのひとつが使えるようになったため、フライトはデリーまで続行されたものの、乗員や乗客はトイレの使用を控えることを余儀なくされた」
 
 別の関係者によれば、本当の恐怖は、トイレが故障した便がデリーに着いて整備されるときに起きる。「トイレの配管や下水タンクから、機内で旅客の使える物品のほとんどすべてが発見される」 「機内用毛布や枕、スリッパ、ソックス、タオルなどが、トイレで流されているのだ」。
 
 エア インディア関係者は、「トイレのメンテナンスに際しては、インド人乗客特有のふるまいを把握・理解する必要がある。そうしないと、(フライト中止などによる)損失は、経済的にも風評の面でも大きなものになる」と指摘。たとえば、インド人は座席の上で脚を組むことが多く、その結果、フライト終了後、シートの隙間に靴下が挟まって残されていることが多いため、機内のメンテナンスに際しては特別に注意を払う体制になっている。同様の取り組みがトイレについても必要だという。

社会ニュース月別アーカイブ

トピックス

【PTI通信】注目見出し一覧(5/20〜5/26)
有力メディアPTI通信が配信した主な記事から、その見出しを紹介します。

【Fames in India】第3回 スポーツ弱小国を返上――リオ五輪、期待の選手たち
インド人なら誰もが知っている有名人(Fames)から明日のスターまで、インド・ウォッチャー編集部イチオシの人物を紹介します。

【政治動向・外交】英ウィリアム王子夫妻の初訪印、最終日はダイアナ元妃のあのベンチで
インドのかつての植民地宗主国であるイギリスのウィリアム王子とキャサリン妃が、4月10日から16日にかけての7日間、インドとブータンを訪問した…

【マーケット動向2016年4月】短期金利・外国為替・株式市場
4月の短期金利は、月初こそ期末要因の需給タイト化で高止まりしたものの、インド準備銀行(RBI)の政策金利引き下げもあり水準を戻した。その後は、欧州中銀(ECB)、米連銀(FRB)及び日銀が…

【経済事情4月】準備銀、金融改革に向けて一歩後押し [西濵徹]
年明け直後の国際金融市場を巡っては、米国の利上げ実施に伴い世界的なマネーの動きが変化するとの見方が出るなか、中国経済に対する過度な不信感の台頭とそれによる一段の原油安を受けて混乱する事態に直面した…

【インド2016年度予算案】農業、農村重視鮮明に――特定セクターよりも幅広い底上げ目指す「守りの予算」
2月29日、国会に提出されたインドの2016年度(16年4月〜17年3月)の予算案は、農業や農村、インフラ整備を重視するという政府の明確なメッセージが込められている…

コラム

【ひろい読み】(ラファール戦闘機の契約は)まだ合意とは言えない
政界、経済界の要人の発言でインドが抱える問題を探る!
[パリカル国防相]

【主要州政治動向】優遇措置を求めるパティダールの運動は終結に向かうか
グジャラート州では2015年以降、州内の有力カーストであるパティダール(Patidar)への優遇措置を求める運動が続いている…
[グジャラート州]

【主要州政治動向】大物復帰で州政権奪還狙うBJP、会議派も反撃
カルナタカ州のインド人民党(BJP)では、大物が表舞台に戻ってきた。4月8日、B・S・イェデュラッパ元州首相が同党カルナタカ支部長に就任…
[カルナタカ州]

政権3年目を迎えるモディ外交の今後 [堀本武功] 
5月に政権就任3年目を迎えるモディ政権が、独立後の歴代政権とは全く違った外交政策を打ち出している。大国化志向である…
[注目ニュース]

【ひろい読み】イランとのエネルギー協力は原油に限定されない
政界、経済界の要人の発言でインドが抱える問題を探る!
[プラダン石油相]

お知らせ